どこからお金を借入れるのが良いのか?

友人や家族よりも金融機関から借りよう

お金を懐にしまう人

今すぐにお金を借りる必要があるというと、人によっては真っ先に思い浮かぶのは家族や友人かもしれません。

しかし、家族でも友人でも、金銭の貸し借りは100円や200円ぐらいの少額ならトラブルにはならないかもしれませんが、数万円という単位となると貸す側にも事情があったり、なかなか返済できずにトラブルに発展してしまい、それまでの信頼関係を失ってしまう事にもなりかねません。 人との信頼関係は、一度崩れるとなかなか再構築するのは難しいので、お金を借りるなら知り合いから借りるよりも金融機関からサッと借りたほうが気楽なものです。

銀行や消費者金融などの金融機関では、キャッシングやカードローンなど様々な金融商品がラインナップされていて、目的に合わせてお金を借りることができますし、クレジットカードを発行している信販会社などでは、クレジットカードに付帯されているキャッシング機能を使うことで現金をATMから引き出してお金を借りる形式がとても便利になっています。 金融機関から借りる場合には、他人に知られずに内緒で借りることもできますし、商品によっては申し込んだ即日に借りることもできます。

メリットとデメリット

金融機関からお金を借りるメリットは、周囲に知られることなく借りられるという点と、申込んだら迅速に審査が行われて、早ければ即日で借りられるという点です。

家族に内緒で借金を作ってしまったとか、給料日まで生活費がなくなってしまって家族には言えない場合などには、コッソリ借りられる金融機関の方が、精神的にも大きな安心感につながります。 一方、デメリットですが、金融機関ではお金を貸すことによって得る利息が収入となります。

クレジットカードに付帯されているキャッシング機能では、翌月一括返済すれば利息がかかることは少ないですが、銀行や消費者金融の借り入れの場合には、借りれば1日単位で利息が発生し、利息も合わせての返済となります。 借りた金額よりも利息分多く返済しなければいけない点がデメリットといえます。

また、家族の場合は、無利息でお金を借りる事ができますが、金融機関は利息制限法の法定金利の利率低下に伴い、お金を借りる低金利が最近可能となっているとはいえ、無利息でお金を借りることは基本的には出来ません。

お金は使うべき時に使う

お金に対する考え方について聞いた話をしようと思います。

就職するまで学生はあまりお金を稼ぐ方法やお金に対する考え方についての知識がないため、お金を稼ぎたいからアルバイトをしよう、お金を貯めるにはアルバイトをすることが最善の方法だと思っている方が多いのが現状です。

お金を貯めるためにアルバイトをするというのはどうでしょうというのが私の意見です。 学生である時間は短いということは誰もが知っていることです。 それなのになぜ貴重な時間をアルバイトにつぎ込んでしまうのでしょうか。

アルバイトで得るものはお金だけではなく、人間関係など様々なことを学べるということは確かです。 しかし、アルバイトでお金を稼ぐのが最善ということは言えません。

お金に対する考え方として、お金は使うべき時には使うということがあります。 お金を使いたい時に使わなければいけない時に出ししぶってしまうのは良いことではありません。

若い頃に正しく使ったお金はそれ以上となって自分に返ってきます。 銀行の上にもう一つ銀行があると言っている人もいます。若い頃にお金を出ししぶって貴重な体験ができなかったり、強い体を作ることができなかったりと後になってから負の連鎖が発生してしまう可能性が高いのです。

ではどうしていけばいいのかというと、アルバイトをするよりも部活に入ってその時しかできない体験をしたり、留学をしてみたりと一見お金がかかってしまうことのように思えますが、それは必ずそれ以上のお金となって自分に返ってきます。 お金に嫌われずにお金に好かれるような人生を送りたいです。